似顔絵イラストの描き方動画配信中!

似顔絵の描き方講座!道具編「おすすめの水彩筆」

どうも!似顔絵イラストレーターの群馬くんです。

似顔絵を描く為には、まず画材をそろえなければ何も始まりません。

似顔絵初心者の方がプロになれるように、僕が知っているノウハウはすべてこのブログに書こうと思います。

前に一度、似顔絵に必要な画材一式を説明した記事がありますので、

一度そちらを確認して把握いただいた方が、今回の記事をより理解できると思いますので、よろしくお願いします。

ということで、今回は似顔絵師におすすめの「水彩筆」の解説です!

動画解説

こちらの記事を動画でまとめました!

一度見ていただいて、ブログを読んでいただけたら、より深く理解できると思います!

 

 

おすすめの水彩筆

水彩筆も、いろんな種類がありますが、私が現役で使っているのは、この3本だけです!

3本といっても、この上の2本は同じ筆なので、

筆の種類として2種類しか使っていません。

この3本をどう使い分けているのか、詳しく説明していきます。

 

おすすめの筆 No.1

⭐️商品名 ぺんてる 絵筆 ネオセーブル 平筆 14号(平・大)

このネオセーブルは、種類が多いので、間違えないようにしてください。

⬇️の画像の通り、平筆はこの3種類あって 使っているのは真ん中の「14号(平・大)」というサイズです。

 

2本の使い分け方法

同じ種類を2本使用していますが、これをどのように使い分けているか説明します。

⬇️一本は「顔など、明るい色を塗る筆」

⬇️もう一本は「髪の毛など、暗い色を塗る筆」に分ます。

この使い分けをわかりやすくする為に、暗い色用の筆には、黒いテープを貼って、わかりやすくしてます

 

なぜこのように、塗る色によって、筆を分けるかというと、洗う時間を短縮する為です、

一本で使うと、いちいち洗わないといけませんが、

2本で使い分けると、あんまり洗わなくてもそのまま使えるので、洗う手間が省けます

手間が省けるということは、描く時間が早くなるということ!

似顔絵師に「時短技」は必ず必要になってきます。

こういったちまちました時短技の積み重ねが、大きな時間短縮になるんです。

 

 

ネオセーブル平筆のメリット

1、どこでも売ってる!
筆忘れた!!😱なんて時も、その辺の文房具屋さんで大抵売ってますので、めちゃ助かります。

何度も救われました(笑)

 

2、安い!
筆にしては最安のお値段で購入できます!

何度忘れて買ってもあまり懐が痛まない(笑)

 

3、長持ち!
どんだけ長持ちするんだよってくらい長く使えます。

僕の場合は2〜3年は使えます。むしろ一生使える気がしますが、さすがに替えた方がいいのかな?と、まだ使えそうだけど、安いので替えとくか という感じで替えます。

奥さんには筆が汚いって言われます。(奥さんは先輩の絵描き)

 

4、筆のコシが強い

コシが強いので、小さくて細かい絵を描くのに向いてます。

 

ネオセーブル平筆のデメリット

水含みが悪いので、絵の具を筆に補充する回数が多くなりがちです。

大きい絵を描く場合には、水含みが少ないので、この筆だと一気に塗ることができません。

色紙に大きく1名様の似顔絵を描く場合には、この筆だと大変なので、次におすすめする筆を使用したりします。

(頑張れば描けますが、一気に塗った方が、ムラの無い良い絵になります)

 

 

似顔絵師におすすめの筆 No.2

 ⭐️商品名 ブラックリセーブル 700F No.18

この筆はちょっとお高い良い筆です。

「ブラックリセーブル 700F」これも種類がいっぱいあります。

お店で探したらわけわからなくなると思います😅

こんなにいっぱい・・

おすすめなのは「No.18」!! 間違えないでくださいね!😅

まあ・・無難にネットで買うのがおすすめです。

そして、買ったままだとめちゃ長いので、使いやすく、収納しやすいように、ネオセーブルと同じ長さでカットしてます。

カッターでちまちま削っても良いですが、使いたい長さで、ノコギリで切り落としてから、カッターで切り口を整えるのが、いいかもです。

僕のはノコギリで切ったまんまですけど😅

なので実際は下の画像のように長いです。

 

 

この種類の筆も、ネオセーブルと同様に、似顔絵師で使ってる人多いです、

僕はサブ的にこの筆を使ってますが、これをメインで使っている作家も多く居ます。

水含みが良いので、水々しい色合いが出せる筆です。

 

ブラックリセーブル 700F No.18 の使用用途とメリット

 

1、色紙に大きく1名様をお描きする場合には、コチラを使って顔を塗ります。
顔以外は塗りません。顔以外は先ほど紹介したネオセーブル平筆を使用します。

2、パレットに水を運ぶスポイト代わり
この筆は大きく水含みがいいので、パレットで大量の色水を作りたい時に、水を運ぶ為に使用します。
ネオセーブル平筆だと、水含みが悪いので、時間がかかりますが、これだと一瞬です。

 

ブラックリセーブル 700F No.18 のデメリット

1、細かい部分の絵には向かない
水含みが良すぎて、筆先が丸く膨らむので、細かい絵を描くには向いていません。
なので、細かい絵を描くならネオセーブルを使用します。

2、筆が長すぎる
なんでこんな長いのってくらい筆が長いので、無理やりカッターやノコギリで切って、筆箱に収まる長さにしてます。

3、ちょっと高い
2000円くらいだったと思います。 これが高いというか、ネオセーブルが安すぎるので、比べちゃうと結構高い気がします。

4、なかなか売ってない
その辺の文房具屋さんでは買えません。
ちゃんとした画材屋かネットショップでないと売ってません・・現場で忘れたら終わります。

 

使ってみた感じを解説

すみません、水彩の塗り方は、解説の量が尋常ではなくなってしまうので、

実際の似顔絵の塗り方は、また別記事でまとめますのでお楽しみに!

今回はこの紹介した筆の使い心地がなんとなくわかるように、実際使ってるところの画像で解説しようと思います。

1、ネオセーブルの筆先はシュッとした感じ

2、ブラックリセーブルはふわっとした感じ

3、ブラックリセーブルに水をたっぷり含ませます

4、そしたら、パレットの柵に筆を押し付けて、水を移します。

5、すると、水が残って、水が溜まってきたのが分かるでしょうか。これを繰り返して、パレットに水を移します。

6、移し終えたら、ブラックリセーブルの役目終了。

次はネオセーブルで、絵の具を溶かしまくります。

こんな感じで、色水を作ります。

7、ためしに、ネオセーブルで肌色を塗ってみた感じがこちら

8、今度はネオセーブルの暗い色担当の筆で、黒の絵の具をといてみます。

9、ネオセーブル暗い色担当の塗った感じ

細く鋭い感じもかけます。

10、次にブラックリセーブルでも描き心地を試してみました。

わかりますでしょうか、この水のたっぷり感、たっぷたぷです。

これが水々しい表現につながります。

11、ということで、並べて見るとこんな感じ

 

どうでしょうか、この筆の使い心地が少しでも伝われば幸いです。

多分動画の方がわかりやすいです。

私の運営しているユーチューブチャンネルでも、毎回このネオセーブルと、たまにブラックリセーブルを使って絵を描いてますので、

こんな道具使って描いてるのか!と、今一度みていただけると参考になるかと思います。

 

まとめ

似顔絵師におすすめの水彩筆の解説!

いかがだったでしょうか。

この3本を準備しておけば間違いありません!

とはいいつつも、水彩筆は数多くの種類があります。

筆によって絵の質や表現も変わってくるので、(これはどの画材でも同じですが)

余裕が出てきたら、色々な画材を買って試してみるのも良いと思います!

あくまで僕が使っているおすすめの画材なので、是非他の画材も楽しみながらさがしてみるのもいいと思います!

これからも、まだまだ画材を詳しく解説シリーズを作っていきますので、お楽しみにしていてください。

最後まで見ていただきありがとうございました!

 

 「群馬くんのイラスト講座!」ユーチューブチャンネル!

「群馬くんのイラスト講座」というユーチューブチャンネルで

似顔絵やイラストの描き方を解説してます!

動画で実際に見た方がわかりやすいと思います。

ぜひチャンネル登録よろしくお願いいたします!

「群馬くんのイラスト講座!」

 

絵が上手くなりたい方向けに有益な動画を作っていきます!m(_ _)m

なにとぞ応援よろしくお願いいたします!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA