似顔絵イラストの描き方動画配信中!

似顔絵の描き方講座!水彩絵具で色を塗る方法「画用紙」編

どうも!

似顔絵イラストレーターの群馬くんです。

今回は画用紙を使って、水彩絵具の色塗りを解説していきます!

これをみていただけると、画用紙を使って、似顔絵の色塗りができるようになります。

かなり特殊な技法の描き方なので、これは正直誰も教えてくれない超特殊スキルです。

本当に貴重な情報なので、是非最後までみてください!

0、画用紙について

1、(色紙に比べて)画用紙のメリットデメリット

2、おすすめの画用紙

3、おすすめの画用紙 メリット

4、画用紙特有の「特殊技法」とは

5、具体的な塗り方解説!

6、まとめ

7、似顔絵師あるあるコーナー

 

画用紙の解説

まずは画用紙の解説をします。

画用紙は色紙と大きく異なります。

僕は似顔絵師として、プロデビューしてから6年くらい画用紙を使っていましたが、

独立を機に、色紙に変更しました。

なぜかというと、僕の所属していた似顔絵の会社以外は、ほぼ全ての人が、色紙を使っていたため、

その基準に合わせるために、色紙に変更しました。

現在は、イベントや、営業販売など、現地でお客様を対面で描く場合には、「色紙」を使ってます。

でも、通信販売では、今でも画用紙を使用しています。

色紙と画用紙だと、色の塗り方が全く変わります。

 

 

画用紙のメリット (色紙と比べて)

1・軽くて持ち運びに便利
似顔絵のイベントではだいたい色紙を40枚くらい持っていくのですが、
色紙だと40枚くらい持つと多分3KG(体感)くらいになります。
それが画用紙40枚だと、たぶん200g(体感)くらい!だと思います。
重さが全然違うので、画用紙だと荷物が軽くてすごく助かります!

2・コスパがいい
色紙の場合だと、最安で一枚50円くらいします。
でも画用紙ならA3サイズは一枚30円、A4サイズが一枚15円と、色紙より安いです。
といっても、これは僕がおすすめする画用紙の場合の値段です。
この違いは積み重なると、かなり大きな差になります。

3・額装したとき見栄えがいい
これは好みの問題かもしれませんが、僕としては、色紙を額装するよりも、画用紙が額装されていた方がオシャレな感じがします。

4・絵の具の量が少なくて済む
色紙に比べて、水分を吸収する量が少ないので、塗る色自体も量が少なく済みます。
なので、絵具代も安く済むと思います。

5・サイズの種類が多い
色紙は特注しない限り、「色紙サイズ」という色紙独自のサイズです。
でも、画用紙の場合にはいろいろなサイズがありますし、最悪、大きいサイズをカッターで切れば
どんなサイズでも描けます。

画用紙のメリットは以上です。

次にデメリットの解説です。

 

画用紙のデメリット (色紙と比べて)

1・そのままでは飾れない
色紙の場合はしっかり厚みがあるので、そのまま立てかけておくだけでも飾ることが出来ますが、
画用紙はペラペラなので、そのまま飾ると見栄えが悪いです。
額装して飾っていただかないといけません。

2・色塗りが難しい
先に水を引いてから色を塗っていくという、かなり特殊な塗り方をするので、
習得するのに結構時間がかかるかもです。

3・水引きする分、少し時間がかかる
いきなり色を塗るのではなく、まず水を引くので、その分少し時間がかかります。

4・水をあまり吸わないので、乾きが遅い
水を吸う色紙の場合、ガッツリ塗っても水分を吸収してすぐ乾きますが、
画用紙は水を少ししか吸わないので、水を使いすぎると、
水溜りみたいになって、いつまでも乾かないことがあります。
そうすると、ムラになって汚くなってしまうので要注意です。
水は使いすぎず、しかしたっぷりと・・・この感覚は、かなり練習しないとわからないと思います。

必要な時に、ドライヤーで乾かす人も多いです。
でも、水分量を適切に使えば、ドライヤーがなくても大丈夫です。

デメリットは以上です。

 

おすすめの画用紙がこちら!

僕が現在使っている画用紙がこちらです!⬇️

サンフラワーM画 特厚口〈175〉

難しい名前なので要チェック!

1名様を描く場合にはA4サイズ、2名様以上の場合にはA3サイズを使ってお描きしています。

なので、A3、A4、それぞれ買うのが面倒な場合は、A3を買って、A4が使いたかったら半分に切って使うのもありです。

だいたいネットショッピングだと、「楽天」か「アマゾン」で購入するのですが、なんとこちらの商品は売ってませんでした😅

僕は大手似顔絵プロダクションに所属していた頃は、

何も考えずに会社から支給された画用紙を使っていたので、独立したとき、いい画用紙がなかなか手に入らなくて苦労しました。

そしてやっと見つけたのが、「世界堂オンラインショップ」です。

世界堂って知ってますか?

全国展開されている本格的な画材屋さんです。

名古屋にもあって、画材は結構なんでも揃っているので、ここに行けば間違いなし!っていう感じです。

そんな有名なお店のオンラインショップなので、安心して購入できます。(店舗では多分売ってなさそうです)

ネットショップなので、最初はもちろん登録とかしないといけないので、ちょっと面倒ですが、一度手続きしてしまえば、楽天やアマゾン同様に簡単に買い物ができます。

是非、こちらから買ってみてください!

「世界堂オンラインショップ」トップページ

サンフラワーM画 販売ページ

 

サンフラワーM画 のメリット

 

1・色乗りが良くて発色が綺麗
紙の質が良くて発色が綺麗です。

2・厚みがあって丈夫
画用紙の質が悪いと、色を塗ったとき、紙がぐにゃぐにゃになっちゃったりしますが、
この画用紙は割としっかりしていて、ぐにゃぐにゃになりずらいです。
画用紙なので、多少はなりますが、額装してしまえば全く気にならなくなります。

 

とりあえずこれを使っておけば問題なしです。

もちろんこれじゃなくても、自分にしっくり来る、画用紙を見つけるのもいいです。

画用紙は山ほど種類ありますので、是非、いろいろ試してみてください!

 

水引きの特殊技法とは!

まず塗りたい範囲だけ先に水を引いて、馴染ませてから絵の具を乗せていくと、 色が水で自然に混ざって綺麗なグラデーションが出来ます。

このグラデーションを使って、色で陰影をつけてあげると、綺麗な立体感のある絵が描けます。

この水彩技法の名前を調べたところ、

一番近いのが「ウェットインウェット」っていうのが、それらしいです。

「ウェットインウェット」っていうのは、直訳すると「濡れているなかに濡れている」

めっちゃ濡れた状態です(笑)

たっぷりの色水で塗って、乾かないうちに、違う色を塗ってグラデーションを作る技法です。

これを応用したのが、この似顔絵の塗り方になると思います。

似顔絵の描き方が落ち着いたら、水彩画の描き方もゼロから学べる記事を書いてこうと考えてます。

お楽しみに!

 

この技法はなかなか言葉だけだとピンとこないですよね、

ということで早速、実際に描いて解説したいと思います!

 

画用紙の塗り方!動画版

動画版もありますので、確認で、もう一度みてもらえるとよりいいと思います。その

 

画用紙の塗り方! 詳しく解説

いよいよ画用紙の塗り方を解説していきます。

 

■0、まず画用紙にペン入れした状態まで準備

今回は動画を参考に解説していきます。

 

■1、顔の中だけ水引き(塗る部分だけ水を塗ります)

ムラのないように、満遍なく水を塗って、画用紙に水を吸わせるイメージです。

※髪の毛の範囲まで水を引かないように気をつけてください。

水が多すぎず、少なすぎず・・色の乗りが一番いい水の量を練習して覚えましょう!

 

■2、ベースの肌色を塗っていきます。

コツは筆の絵の具の濃度を高くして、水を含ませすぎないことです。

画用紙に水がいっぱい引いてあるので、色を置くと水で広がっていき、綺麗なグラデーションができます。

筆の水気が多すぎると、色が広がらずにムラになります。

説明が難しい!!

ほっぺや鼻の頭など、光らせたい部分は、画用紙の白を残すことで、光を表現してます。

ちなみに肌の色は「ジョーンブリヤンNo.2」、色の濃い人は「ライトレッド」も混ぜて調整します。

 

■3、ほっぺのピンクを入れていきます

ベースの肌色の上に、今度はほっぺのピンクを溶いて色を乗せていきます。

色は「バーミリオンヒュー」もしくは「ブリリアントピンク」もしくは「両方」を混ぜます。

ピンクが強くなりすぎる場合は、肌色(ジョーンブリヤンNo.2)を混ぜて馴染ませるといいです。

これも先ほど同様に、筆には水をつけすぎてはいけません。

濃い色を載せることで色は広がっていきます。

あとは、画用紙の上で、なじませて、うまいことグラデーションにする!

なかなかこれ、伝わってるんでしょうか・・・

 

■4、最後に濃い肌色を顔の影に塗ります

ベースの肌色の上に、ほっぺのピンク、そして、最後に影の色を乗せていきます。

僕はいつもライトレッドをつかってます。

1・水を引く
2・ベースに肌色を塗る
3・ほっぺのピンクを塗る
4・影の色を塗る

この流れを、水が乾く前にすると、綺麗に混ざり合ってグラデーションになり、立体感が出ます。

「水が乾く前」が重要です。

乾いてしまってから色を塗ると、くっきりと色の段差が生まれて、ガサガサした絵になります。

綺麗なグラデーションを作って立体感を出すには「スピード」が必要です!

詰まるところ・・練習あるのみです😅

似顔絵の色塗りにおいて、この顔の塗りが一番重要です。

逆に言えば、顔さえしっかり塗ることができれば、ほかは簡単です。

この1〜4の流れはなんとしてもマスターしていただきたいです。

この段階ではまだ唇は塗りません。

逆にぼかして塗りたくない部分は乾いてから塗るのがベストなんです。

 

■5、背景を塗ります

背景も、顔同様に、一度水を全体に塗ってから色を置いていきます。

2色以上つかって、上下でグラデーションにするととても綺麗でいいと思います。

背景のバリエーションは人それぞれなので、いろんなのを試しましょう。

 

■6、体・服を塗ります。

次に服を塗ります。

体・服は範囲が狭いので、水引きする必要はありません。

色をそのまま塗ってしまって大丈夫です。

 

■7、髪の毛を塗ります

なぜ「顔」➡️「背景」➡️「体」➡️「髪の毛」、というように遠回しに塗るかというと、

顔の塗りが乾いてからじゃないと、色が重なったとき、滲んでしまうからです。

よっしゃー顔が上手く塗れた!として、乾かないうちに、髪の毛の黒を塗ったら、顔に黒が滲んで台無しに!なんてことになってしまいます。

滲ませたくない部分は乾いてから塗る!

水彩画の鉄則です。

髪の毛も、一度水引きしてから、黒を乗せていきます。

髪の毛は、天使の輪、を意識して光が入る部分を白く残して塗ると、光ってるように塗れて綺麗になります。

 

■8、眉毛を塗る

髪の毛を塗ったら、その色のまま眉毛を塗りましょう。

人によっては、眉毛が薄かったり、髪の毛と色が違うこともあるので、ちゃんと見極めて塗りましょう。

眉毛は人の印象を結構左右するので、濃さや色には注意してください。

 

■9、唇を塗る

色はほっぺで使った色と同じ「バーミリオンヒュー」もしくは「ブリリアントピンク」もしくは両方を混ぜて使うことが多いです。

ほっぺとどうように、色が強すぎて違和感が出る場合があるので、肌に使った色と馴染ませてから塗ると

自然な色合いが出せます。

人によって唇の色は違うので、一概にこの色とは限りません。

黒っぽい唇の人は、思い切って黒を混ぜたりすることもあります。

その人をよく観察して、色を作ってください。

 

■10、仕上げて完成!!

最後に仕上げとして、色を塗って薄くなってしまった線を、筆ペンやプロッキーで、濃くするようになぞりましょう!

ポスカの白で、さらに輝かせちゃいましょう!

 

ということで、ついに完成です!

画用紙の水彩の塗り方、理解いただけたでしょか!

 

 

まとめ

■画用紙のメリット
・色紙に比べて、軽くて薄くいので持ち運びが楽だし、場所を取りません。
・色紙に比べて、安くて、絵具が少なくて済むのでコスパは最高です。いろんなサイズもある。

■画用紙のデメリット
・水引きという技法が難しい
・色紙なら厚みがあるのでそのままでも飾れますが、画用紙はペラペラなので、飾るとき額装しないと見栄えが悪い
・水引きする分、少し時間がかかる
・水をあまり吸わないので、乾きが遅い、

■おすすめの画用紙
・サンフラワーM画 特厚口〈175〉
・世界堂オンラインショップで購入できます。
・品質が良いので、とりあえずこれを使っておけば問題なし
・もちろん自分に合った画用紙を探すのもいいです。

■画用紙の塗り方
・水を引いてから色を乗せる
・ぼかし効果を使って色のグラデーションにすることで、立体感を出す
・このぼかし効果は、塗れているうちに塗り重ねなければできないので、スピードが大切
・逆に色が混ざってボケてしまう可能性のある「髪の毛」や「唇」の色は、顔がしっかり乾いてから塗る

こんなところでしょうか!

 

似顔絵師あるある

最後に!

お楽しみコーナー

似顔絵師あるある!やっていきます

〜〜〜〜 似顔絵師あるある 〜〜〜〜

芸能人の似顔絵サンプル ジャニーズは描きたくない!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これ、似顔絵師あるあるです!

なぜかと言うと、基本整った顔って、特徴が無いことが多いので、

似せるのがめっちゃ難しいです。

しかも、ジャニーズは、ファンが厳しいので、「似てねー」って批判されることも

多いみたいです。

この「みたいです」っていうのは、先輩の話で聞かされたことなので、

僕はそれ以来怖くてジャニーズはほぼ描いたこと無いと思います。

それに、特徴が無い顔って、描くのも楽しく無いので、あんま描きたくなくて、

つい描きやすいお笑い芸人さんの似顔絵をサンプルで描いちゃいます。

逆を言えば、ジャニーズをしっかり似せて描ける似顔絵師って、かなり腕がいいのかも

しれません。

似顔絵師あるあるのコーナーでした!

 

 

最後に

 

この似顔絵の画用紙の塗り方って、多分ここでしか解説してないと思うんですよね!

とても貴重な情報ですので、何度も確認していただいて、技を身につけていただけたらと思います。

似顔絵の描き方とは別に、「水彩画の描き方」として、

似顔絵の解説が落ち着いたら、まとめてみようと思ってます。

次回は「色紙」の色の塗り方を解説したいと思います。

お楽しみに!

最後までみていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA