似顔絵イラストの描き方動画配信中!

似顔絵師になる方法!いろいろ考えてみました!

どうも、似顔絵イラストレーターの群馬くんです!

一度、「最速で似顔絵師になる方法!」というお話しをしました⬇️

 

ほとんど僕の経験談だったので、今回は客観的な視点から、似顔絵師になる方法をいろいろと考えてみました!

もちろん被っている内容はあるのですが・・

似顔絵師を目指している人に向けて、 参考になる内容ですので、よかったらみてください。

 

よくお客様に「似顔絵師になるには資格とかいるんですか?」と聞かれます。

もちろん「そんなの無いですよ!誰でもなれます!」と言います(笑)

似顔絵師、イラストレーター、アーティスト、画家、 絵の世界って資格とか必要無いので名乗ったもの勝ちです。

自分が自信を持って俺は画家だ!と思ったらもう画家です(笑)

 

でも実は、似顔絵検定というものがあります。

僕は受けたことはありませんが、一つの目標として、似顔絵検定というものを受けてみるのもいいかもしれません。

資格を持っている!というのはアピールににもなると思います。

知らない人からしたら資格を持ってるってすごそうじゃないですか(笑)

でも僕は医師免許を持っていない凄腕のブラックジャックのようにやって行きたいと思います(笑)

ということで、似顔絵師になる方法を詳しく解説していきます!

 

 

大きな団体に所属してデビューする

僕が所属していたグループ「お絵かき隊」

 

すぐに似顔絵師になりたかったら、その環境に飛び込んでしまうのが一番だと思います。

僕の場合は、飛び込んだグループが名古屋にある「(有)プレジャー企画 お絵かき隊」でした、

他にも大きい会社ですと、「 カリカチュアジャパン」「星の子プロダクション」など、探すと多くあると思います。

作品集を持ってとりあえず飛び込んでみる、面接でいろいろアドバイスをもらえるでしょう。

僕も最初下手すぎて、似顔絵教室に通ってからまた面接しようか、という流れになりそうでしたが(*_*) でもなんとか、「とりあえず研修入ろうか」ということで、研修を受けさせてもらえることになりました。

最初は自分でもびっくりするくらい下手くそな状態で研修を受けました。

本当に似顔絵描けるようになるのだろうかと、毎日不安と戦っていました。

でも、環境に飛び込んで、練習をひたすらすれば、どんな人でも描けるようになると思います。

基本的に、センスなどはあまり関係なく、上手い下手というのは、練習の量です。

描けるようになるまでの練習が出来るかどうか。

その練習に耐えられるのは好きかどうか、

それがセンスなのかもしれません。

僕が所属した団体では、研修の内容はこのような感じでした⬇️

 

研修内容

あくまで僕が所属していた(有)プレジャー企画 お絵かき隊 での研修内容です。

現在は内容が違う可能性がありますし、会社によって研修方法は全然違うと思います。

あくまで似顔絵の勉強方法の参考程度と考えてください。

 

1、先輩と現場に入り、お客様を練習で描かせてもらう。
先輩の描き方を隣で見て真似ができる、練習で描いた絵をその場で指導してもらえる 最初は練習で隣に座っているだけでガクブルでした(笑)

普通絵描きは家でこもって絵を描くもの、対面で描くのってとても勇気がいります。

この研修では、そう行ったメンタル面も鍛えられるとてもよい機会です。

 

2、週一で担当の似顔絵師さんにチェック&レッスン&宿題
現場で描いた似顔絵、宿題で描いてきた似顔絵のチェックと指導をいただきました。

こんな感じで、個人差はありますが、3ヶ月くらいで、白黒デビュー また1ヶ月くらいでカラーデビューとなります。

デビューの基準は、1名白黒8分でかける、1名カラーで15分 もちろん似ている、価格相応のクオリティーであること テストを受けて、OKが出ればデビューです!

こんな手熱いご指導頂けるのは、僕が入った「お絵かき隊」ならではかもしれません。

(※2018年現在では制度が変わり、このような研修は無い可能性があります)会社やグループによっては、研修内容はさまざまです。

 

とにかく「環境に入ってしまう」というのが一番近道なのかな?と僕は思っています。

以前こちらのの動画で、整理整頓が大切だ!とお話ししました。

 

「人は環境(物、情報、人)に影響されるので、整理整頓して、いい環境に身を置きましょう」というお話しでした。

「似顔絵師になりたい自分」に近づくには「似顔絵師の世界」に飛び込むことで、

情報や知識、考え方まで、自分を変えることができます。

絵でお金をもらうことがありえない事だった僕が、「絵で食べて行くことが当たり前」だと考えられるようになりました。

それに、団体に所属していると、安定して仕事をもらえるため、どんどん上達していきます。

 

団体に所属する 「メリット」 「デメリット」

団体に所属するメリット

1、絵を基礎からプロになるまで、全て教えてもらえる

2、いろいろな似顔絵師さんに直接教えてもらえる、多様性を学べる

3、仕事が安定的にもらえて上達が早い

4、似顔絵師の知り合いが増える(独立した時に助けてもらえる)

メリットはこんな感じです!

もちろんデメリットもあります。

実際僕も独立してフリーランスで仕事をしてます。

デメリットも隠さずに紹介したいと思います!

 

団体に所属するデメリット

1、自由度が低い
所属している以上、自分勝手な行動はできません。

ちゃんとルールに従って似顔絵の販売をしないといけません。

勝手に自分だけの商品を作っちゃうとか、値段安くしちゃうとか許されません。

なにかあれば報告連絡相談しないといけませんし、時にはお金にならないことでも
事務所からのお願いに従わなければならないこともあります。

 

2、人間関係
人が集まれば「あいつが嫌い、こいつが嫌い」そんな話は出てしまいます。

人間関係が嫌になってやめてしまう人もいます。

ここだけの話、恋愛のもつれなんかも問題多かったりします。

僕の場合は最初に付き合った方とちゃんと結婚したので、僕を見習って欲しいと思います(笑)

僕としては、絵を描く人って面白い人ばかりなので、めっちゃ楽しかったです。

(もちろん長いことやってると、喧嘩みたいなこともありました)

ただ、こんなのはどんな仕事してたってあることなので、恐れないで欲しいですが、
事実、こういったこともあります。

 

3、給料が安い・・なんだかんだやっぱりここがネック・・
もちろん稼げる人は結構稼ぐこともありますが、

事務所の取り分があるので、単純に売上の半額以下という感じです。

やはり僕は将来を考えると、独立しないと厳しいと思ってます。

 

4、やめづらい
やはりゼロから稼げるようになるまで育ててもらった恩はもちろんあるので、なかなか辞める決心ができないのが事実です、もちろん事務所的にも稼げる上手い人は居て欲しいし、メンバーが辞めたらライバルになってしまうので、できるだけやめて欲しくないと思います。

いままで仲良かった人とも、辞めたら冷たくされるのが怖かったりもします。

なので、尚更やめずらい状況になります。

でも結局辞めたくらいで縁んが切れるならそれまでの関係性なので、気にすることではないです。

絵でずっと食べていきたいのであれば、独立は必ず考えなければならないと思います。

なので、恩を返せるように、立派になるまではしっかり稼いで、事務所の役に立てるように努力する、そして恩を返せたと思ったら区切りをつけて独立をするのが良いと思います。

ただ、やっぱり辞めるって大きな決断で、ものすごく悩みます。

こんなこと言ってる僕も、そんないい辞め方はしてません😅

使えないからクビにされたようなもんでした😅

最初から独学でやってたら、この葛藤は無くて済んだのかな・・とも思います。

 

つぎに似顔絵師になるもう一つの方法は、「独学で始める」です。

僕は独学ではありませんでしたが、独学で似顔絵を学ぶにはどうしたらよいかを考えてみます。

 

独学で似顔絵師になるには!(デビューできる技術を身につける方法)

独学って、どこからが独学なのかわかりませんが、団体に入らないで、自ら学ぶ、という状態を独学とします。

まず、所属しないで技術を習得する方法を考えます。

 

1、プロの描いているところを見る。
プロの似顔絵師に似顔絵を描いてもらい、描いてるところを見せてもらう。

そのほか、使ってる道具などもガンガン聞いて研究する。

 

2、ユーチューブやブログで勉強

僕のユーチューブやブログもぜひ参考に!(笑)

自分で言うのもなんですが、プロの描いてるところを見れるのってほんと貴重です。

僕の時代はそういった動画はほとんどありませんでした。

それに、似顔絵業界のことをこんな赤裸々にお話しする似顔絵師って正直僕だけだと思います!

ぜひ僕のユーチューブチャンネルも活用して欲しいです(^○^)

ユーチューブチャンネル「群馬くんのイラスト講座」はこちら!

 

3、似顔絵教室に入る
プロの似顔絵師がやっている似顔絵教室をお勧めします。

似顔絵の描き方を教えるだけの先生だと、「売れる似顔絵」という実践的な似顔絵が学べない可能性があります。

それに現役プロの先生だと、上手くなれば先生のもと、プロデビューできる可能性もあります。

(それだと団体に入ってデビューとあまり変わらないですが😅)

 

4、似顔絵大会&勉強会に見学、参加する
これはプロでも緊張するのですが(*_*) プロの人にいろんな話が聞けるし、描き方だって惜しみなく教えてもらえます。

勇気を出して参加して見ましょう!

興味がある方は「日本似顔絵アーティスト協会」で検索してください!

年会費を払えばだれでも参加可能です。

最近ではズームでお絵かき配信とか、交流会とかもあります。

僕も参加してるので、会えるかもです。

ただコロナの影響で、リアルに会うような機会は当分なさそうです・・・

 

5、ひたすら練習
技術を教わっても、身につけるには練習しかありません。

一日3人毎日描く、模写練習をする、など、教わった技術を踏まえて、とにかく量の練習をしましょう。

 

6、仕事をもらえるように挑戦する
結局のところ、ここが一番重要です。

いくら絵が上手くなっても、上手いだけじゃ絵は売れません。

しかも絵の上手さなんて上限も基準もありません。

絵が上手くなったら絵を売ろうとか思ってると、一生行動できないです。

お客さんに喜んでもらえるように心を込めて描けば、それは最高の絵です。

ちゃんと「絵を売る」ことに目を背けないで、絵の練習と同時進行で

絵を売ることにも挑戦してください!

これは長くなるので次に詳しく方法を考えてみました⬇️

 

 

 

似顔絵の仕事をする方法

団体に所属していれば、自動的にお仕事がいただけるため、あまり仕事に困らないです。

しかしながら、もちろん所属した団体に売り上げのパーセンテージを引かれることになり、なかなか売れっ子にならなければ、食べていくことは難しいのが現状です。

これから似顔絵師になりたい人、似顔絵師としてフリーでやっていこうとしている人が、どのように似顔絵を仕事にしていけば良いか考えました。

 

1、フリマに出店する
お祭りやフリーマーケットなどにお店を出店します。 いろいろなイベントがあり、それぞれ違うと思いますが、だいたい場所代が5000円弱くらいで出店できると思います。

僕はあまりやったことありません(*_*)もちろん売れなかったら赤字になることもあり、イベントの種類や人数の見極めが重要です。

 

2、インターネットのサービスで販売する
自分でインターネット上に商品を販売できるサービスはいっぱいあります。

販売手数料を取られますが、それだけ広告を出してくれているので、集客はしてくれます。

僕は「ココナラ」「ランサーズストア」などに出店したりしてました!

ちゃんとやれば結構稼げる印象でしたが、手数料を考えると、結局事務所にいるのとあんまり変わらないかな?と思っちゃいます。

 

3、ホームページを作る

ホームページを作ることをお勧めします!

実際僕はホームページを作ったおかげでお仕事いただけて今絵で食べていくことができています。

ホームページを作り、自分の商品をブログでどんどん発信していくと、だんだんアクセスが増えて、

お仕事がいただけるようになります。

この内容は動画で一度まとめてますので、方法を詳しく知りたい方はぜひこちらの動画を参考にしてください!⬇️

 

4、似顔絵師の人脈を広げる
似顔絵師さんはあふれた仕事を信頼できる似顔絵師にお願いしたい、ということも多くあります。

なので、似顔絵師さんの知り合いが多いと、いろいろと巡り巡ってお仕事をいただけたりします。

また、絵の技術に関してや、仕事の仕方など、相談できる人が増えるのはとてもよいことだと思います。

 

5、実績を積み上げる、アピールする
信用できる作家には仕事が集まります、信用してもらえる要素をアピールしていきましょう。

できれば賞歴、そのほかには、学歴、実績です。

例えば、イオンで営業したことがあれば、「イオン〜で営業実績あり」など、 なんでも実績になります。

小さな仕事だったとしても、少しずつ積み重ねてアピールし、大きな実績を作れるよう頑張りましょう。

なにもなければ、こんな絵が描ける!と商品をとにかくアピールしましょう!

 

 

まとめ

似顔絵師になる方法

1、団体に所属してデビュー

メリット

プロになるまで全て教えてもらえる

いろいろな似顔絵師さんの多くの技術を学べる

最初から仕事が安定的にもらえて上達が早い

似顔絵師の知り合いが増えて、上達が早い

 

デメリット

・ルールに縛られる、自由度が低い

・人間関係

・給料が安い

・辞めづらい

 

 

2、独学でデビュー

・プロが描いているところを見る

・ユーチューブやブログで勉強する

・似顔絵教室に入る

・似顔絵大会、勉強会、見学や参加をする

・ひたすら練習

・仕事をもらえるように挑戦する

 

3、仕事の取り方

・お祭りやフリマなどに出店

・インターネットのサービスで似顔絵を通信販売

・自分のHPで販売

・似顔絵師の人脈を広げる

・実績を積み上げてアピール

 

 

以上です!

僕のデビューした時代では、インターネットの環境がまだまだ整ってなかったので、

団体に入るのが安全で最速の選択だったと思うのですが、

現在では、インターネットで販売できる方法がとても充実していて、個人で独立しやすい時代になりました!

どんな方法でも悩むよりも、とにかくやってみる、考えるより「行動する」ことをおすすめします。

上手くいかなくて当たり前です。

失敗も全て経験になって、次の行動の糧になるので、無駄はないです。

ぜひとにかく挑戦してみてください!

 

すこしでも似顔絵師になりたい方、独立したい方の参考になれば嬉しいです。

最後までみていただきありがとうございました!

 

動画バージョン

こちらの記事の動画バージョンです!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA