似顔絵イラストの描き方動画配信中!

似顔絵の描き方講座!似せるコツ編♯1「似てるとは何か」

どうも! 似顔絵イラストレーターの群馬くんです。

ついに似顔絵の真髄「似せるコツ」をゼロから解説していきます!

今回はまず第一回 「似てるとは何か」について、

詳しく解説していきます!

簡単そうでめちゃめちゃ奥が深い話になりました・・・

長くなりましたが、ぜひ最後まで見てくださいm(_ _)m

 

似顔絵が似てるのはなぜ?

似てる似顔絵は本人も周りの人にも喜んでもらえます。

そんな似てる似顔絵が描けるように、これから似せるコツを解説していぎすが、

まず一番大切なのが、似てるということは、どういうことなのか、

これを理解していないと、どんなに練習しても似てる似顔絵は描けません。

似せるとはどういうことなのか、詳しく解説していきます。

 

似せるとは、特徴をとらえること

※ゆーすけさんの描いたハリセンボンの二人

 

似せると言う事はその人の特徴をとらえることです。

例えばハリセンボンの箕輪はるかさんは出っ歯が特徴ですよね!

この特徴をとらえて、絵でしっかり表現することができれば似せることができます。

でも、芸能人だから一目見れば特徴わかるけど、特徴がない人がほとんどじゃない?

そういった人をどうやって特徴を捉えるの?
って思いますよね?!

たしかに特徴が少ない人も居ます。

顔が整ってる人は特徴が無いと言われます。

でも、どんなに顔が整ったアイドルだって、僕らは顔を見れば誰なのか見分けられます。

ということは、特徴があるから見分けられているわけで、

全く特徴の無い人はいないです。

もし居たとすれば、特徴が無いことが特徴です 笑

では特徴を捉える考え方を解説します。

 

標準からのズレが特徴になる

じゃあどうすれば、特徴を見分けられるようになるのかというと、

「標準」の顔が分かっていると、そこからズレている所が特徴になります!

これは顔だけじゃなくて、全ての特徴に言えます。

日本人の標準顔がこちらだそうです⬇️

引用:https://gene.s-se.info/averagefce

標準的な顔なので、この顔からズレたところが、その人の「特徴」になるわけです。

 

わかりやすく、身長で例えて見ます。

僕は33歳で、身長は175センチです。

日本人の30代男性の平均171センチなので、

それよりちょっと大きいので、

ちょっと大きいのが僕の特徴です。

このように、人の特徴は全て「標準」から見た違いのことなんです!

なんだか奥が深い!

 

標準の顔は・年齢・性別・国で変わる

でも、標準と言っても、年齢や性別、国でも変わります。

これらも身長で例えると、

■年齢でも身長は違う(顔も)

「子供の場合の平均身長」から考えないといけないし、

「大人だったら大人の平均身長」を基準に、その人の特徴をみないといけないし、

「年配の方の平均身長」というように、年代ごとの基準にしないと、特徴はわかりません。

 

■性別でも身長は違う(顔も)

女性の平均身長と男性の平均身長では全く変わってきます。

基準を明確にしなければ、その人の特徴はわかりません。

女性の平均よりも身長が高ければ、男性の平均より背が低くても、

一般的に考えれば、その女性の特徴は「背が高い」と言えます。

 

■国が違えば身長も違う(顔も)

日本では背の高い方だった僕の身長も、アメリカの平均と比べれば、小さいです。

基準はそれぞれあり、その「平均」の基準のズレを「特徴」と認識します。

わかりやすく身長で例えたんですが、顔の特徴もそういうことです。

引用:https://imgur.com/gallery/9GU4OVG

国別でこんなに顔が違う!!

日本の常識は、外国の非常識。

「特徴」って、簡単そうで奥が深い・・・

 

場所が違えば基準も変わる

また例えばかりになってしまいますが・・

似顔絵大会っていうのが、ありまして、全国から似顔絵作家が集まって、

作家同士で似顔絵を描きあって、作品を壁に貼り付けて、

どれが優秀な似顔絵なのか、全員で投票し合って順位をつける、っていう大会があります。

※この写真はアメリカの大会の様子、日本の場合でもこんなカオスな感じ

これも身長で例えると、アメリカ人の「ボブ」さんが居たとします

ボブさんは、アメリカでは平均よりも身長が低い人だとします。

ボブさんがアメリカの似顔絵大会に参加した場合、周りはボブさんよりデッカいアメリカ人ばかりなので、ボブさんは「小さい」ことが特徴になり、

「小ささ」を強調したデフォルメで描いた方が、「似てる」ことになります。

 

ところが、日本の似顔絵大会にボブさんが参加した場合、

アメリカ人の中ではその人は平均よりも身長が低かったとしても、

大抵の日本人よりも身長が高いわけで、

そういった場合、この人は「高身長」が特徴になります。

日本の大会で、日本人ばかりなので、このボブさんを「超巨大」にデフォルメして描いた方が、

この日本という場においては、「特徴を捉えている」ということになります。

なんかややこしい!!

つまり、「特徴」というのは、時と場合によって、変動するもので、不確実なものです。

「その場に居る、多くの人の感覚の平均」

この感覚を捉える力が必要なんだと思います!

 

先輩の凄い似顔絵師さんもこう言ってました。

「僕の一番の力は平均の顔が分かっていること

だそうです。

一週間ほどの大会期間中、寝ずに絵を描き続け、意識を失いかけている伝説の似顔絵師 伊藤康さん(笑)⬇️

絵が上手いとか、デフォルメが上手いとか、

そういう小手先のことじゃなくて、「平均の顔が分かっていること」

これが自分の能力だとは・・

似顔絵って奥が深い・・・

 

標準を知るには日ごろからの練習が必要

標準を知るのが大切なのはわかったけど、

じゃあどうしたら標準がわかるねん!!

と、お怒りだと思います。

それはもう練習しかありません(笑)

僕がやってきた練習方法をいくつかご紹介します!

 

■似顔絵を描く

超シンプル(笑)とにかく、いっぱい似顔絵を描いてください。

そうすると、人の顔をよく観察するようになります。

今までなんとなく人の顔を見てきたと思いますが、

まじまじと、じっくり眺めて、「ここが特徴かな?」と、しっかり向き合ってください。

そうすれば、特徴を掴めるようになります。

僕も、研修時代はもちろんのこと、プロになって、

数えきれない人数のお客様を描かせていただいて、多くの人の顔を見ることで「標準的な顔」が出来てきたように思います。

いろいろな人の顔写真を集めて、パソコンなんかでスライドショーにして、

一人1分くらいで、クオリティーは低くていいので、どんどん描いていく、

っていう練習も効果的です。

瞬時に特徴を捉えて表現する練習になります。

 

■日常的に人の顔を観察する

似顔絵師あるあるなんですが、外出してすれ違う人の顔を見ながら「この人はおでこが広いのが特徴だな・・」とか、

「目が離れてて、唇が分厚いな〜」とか考えちゃいます😅

ただ、現場に行く前なんかは意図的に、パッとすれ違った人の特徴を3つくらい捉えて、

頭の体操をしたりします。

これがなかなか効果的で、すれ違った一瞬で特徴を捉えることができれば、

あとは描くだけなので、電車なんかでこれをしっかりやっておくと、

現場でお客様を描くスピードが断然に上がります。

絵を描くだけが練習ではありません。

特徴を捉える脳を鍛える

絵を描いてない時だって絵は上達できます。

 

 

印象を大切にしましょう

顔のや見た目の特徴も大切なんですが、

その人の印象も大切にしましょう!

「なんだか困り顔だな〜」とか、

「なんか強そうな人だな〜」とか、

その人と会ったとき、何かしらの印象を受けるはずです。

その印象も「特徴」です。

顔のパーツや体型だけじゃない、その人から滲み出る

「雰囲気」も立派な特徴です。

この雰囲気を似顔絵で表現することができれば、より「似ている」

似顔絵になります!

その人から受けた印象を大切にしましょう!

 

似てるとは?まとめ

一瞬で終わりそうな内容だと思って記事を書いていたら、

めちゃめちゃ奥が深くて長くなってしまいました・・まとめます!

■「なぜ似るのか」理解しないと、似てる絵は描けない

■平均の基準を知る、基準からのズレが「特徴」

・年齢、性別、国ごとに基準は違う

・その場にいる多くの人の平均的感覚が基準になる

■標準を知るには、日々の練習が必要

・似顔絵を描きまくる

・日常で人の顔を観察する

■その人の印象を大切に!雰囲気も特徴

 

以上です!

これからも、似顔絵の描き方講座「似せるコツ」シリーズまだまだ続きます!

お楽しみに!

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

それではまた!(^○^)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA