似顔絵イラストの描き方動画配信中!

水彩画のおすすめ画材紹介!

どうも!

似顔絵イラストレーターの群馬くんです。

いままで似顔絵用の画材はたくさん紹介しましたが、

一般的な「水彩画」の画材は紹介していなかったな・・・

ということで、

今回は僕が使ってる水彩画のおすすめ画材を紹介していきます!

水彩画 おすすめ画材紹介!

 

 

1、水彩パレット

いままで似顔絵用のパレットで水彩画も描いていたのですが、

似顔絵は使う色は大体決まってて、ガッツリ使う仕様になっているので

似顔絵用パレットだと絵具を解くスペースが狭くて、

いろいろな色を作り出すには向いてませんでした😅

なので、今回は新しくパレットを作ろうと思いこちらのパレットを購入!

商品名 ターレンス アルミパレット 26色 M

安定のアルミパレット、大きさも大きすぎず小さすぎず程良くていいです。

色の配置は、似顔絵と違って、いろんな色をグラデーションに並べればOK!

絵具はホルベインの透明水彩がおすすめ

家にある絵具を適当にグラデーションに並べてこんな感じのパレットになりました!

正直どの色が何とか、名前は覚えてません😅

似顔絵の場合は使う色がほとんど決まってましたが、

一般的な水彩画用はその時の気分で好きな色を作れるように、

ぱっと見で良さげな色を揃えればいいと思います!

 

 

 

2、おすすめの水彩筆

筆に関しては適当に買ってみたらそれなりによかった筆です(笑)

基本自分の好きな筆を使ったらいいと思いますが、

一応僕が使ってる筆をご紹介!

・サクラ画筆 ネオセブロン丸筆 6号(一番下の筆)
基本これを使ってチマチマ描きます

・サクラ画筆 ネオセブロン丸筆 0号(真ん中の筆)
さらに細かい部分はこれで

・サクラ画筆 ネオセブロン平筆 14号(真ん中の筆)
広い範囲はこれで

安くて使い勝手もよかったので、こだわりのない方はこれで十分だと思います(笑)

正直筆は使い方次第だと思うので、

どれが良いとか悪いとかあんまり関係ないかなと思ってます。

 

 

 

3、おすすめの水彩画用紙

ミューズ 水彩紙
ホワイトワトソンブロック F4 300g ホワイト
15枚入り HW-304 F4

最近これを使ってみたのですが、とてもいい!

水彩画の書き味もいいし、なにより水引きが不要で画用紙がヨレヨレになりずらい!

なぜかというと外側がのり付けされていて、がっしり固定されているので、

絵を描いても紙がよれづらい!

これがどういうことなのかというのは、こちらの動画を参考に⬇️

普通のスケッチブックタイプではなくて、

ブロックタイプというやつです。

全部外側がノリでくっついてますので、描き終わったら剥がす手間があります。

こんな画用紙があったとは!

ブロックタイプおすすめです!

 

描いた絵のご紹介!

今ご紹介した画材を使って、こんな絵を描いてみました!

あっという間に描いているように編集してますが、

3時間くらいチマチマ描いてます😅

でもなかなか良く描けたと思います!

今回はとりあえずここまで。

次回はこの作品の作画工程を解説していきます!

お楽しみに!

 

最後まで見ていただきありがとうございました!^_^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA