似顔絵イラストの描き方動画配信中!

絵が好きな「子供」と「親」に伝えたいこと

 

絵が好きな子供と親に伝えたいこと

僕の友達で「ドリームサポーター」っていう活動をしていて、

その活動は簡単に言うと「子供の夢に大人が協力しよう!」っていう活動なんです。

僕もメンバーとして関わらせていただいて、イメージイラストなんかも描かせていただいたりしてます。

なので、絵が好きな子供、もしくはその子の親から相談というか、アドバイスを求められることがあります。

なんとか自分なりに頑張ってアドバイスする中で、

だんだん伝えたいことが固まったので、まとめてみます。

 

 

1、絵を好きに描ける環境を与えてあげる

絵がただ好きで描いている子は、「これを将来仕事にしたい!」なんて発想はないです。

もちろんそのような目標を持っていたら素晴らしいですし、

具体的なアドバイスもしやすいのですが、

大抵の子はそんな事は考えません。

もちろん僕もそうでしたから😅

なので、まず親が出来ることは「好きな絵を自由に描ける環境を作ってあげる」だけだと思います。

毎日デッサン練習しろとか、もっと上手くなれるように口出しするのはやめた方がいいです^^;

嫌いになれば長くは続きません。

子供の人生は子供のものなので、「絵が好き」という気持ちが大人になるまで育てば、自然とどうしたら仕事になるのか自分で考えます。

それまでは褒めてあげるくらいで、口出しはしないで、絵が好きになるように見守ってあげるのがいいです。

 

2、SNSで発信させてあげる

口出ししない方がいいといいながら、これだけは教えてあげて欲しいことがあります。

それは、フェイスブックやインスタグラム、ツイッターなどのSNSやブログなど、

ネットで発信することです。

子供にSNSを使わせるのは危険性もあるとは思いますが、

これからの時代を生きていく上で、この発信力は学校の勉強よりも最重要のスキルだと思ってます。

発信力さえ身につけてしまえば、なにをやったって生きていけます。

もちろん誹謗中傷などのリスクがありますが、本当に子供のことを考えるなら、SNSでの発信方法をちゃんと教えてあげるべきです。

親がアカウントを管理しながら手伝ってあげるのがいいと思います。

世の中のイラストレーターはSNSで発信して仕事を取ってます。

僕自身がHPを作ってブログを更新して、SNSなどで発信することでイラストレーターとして食べていけるようになったので、この「発信」の大切さを見に沁みて学んでます。

学歴とか年齢なんか関係なく、SNSで絵を発信して「この絵で描いてもらいたい」と思う人がいたら、もうそれで仕事がもらえるような時代になりました。

これがいかにすごいことか!!

今の時代年齢すら関係なく、スキルだけで判断してもらえるんです。

「絵は微妙だけど、あなた美大出てるので仕事お願いします!」

なんてことはありません。

絵がうまければ高校生で大人より稼げるかもしれません。

発信力を身につけるのは早い方がいいです。

小さいころからSNSを教えてあげてください。

 

さらに、この「SNSの発信力」っていうのは、子供がもし、大人になって絵を描かなくなったとしても、どんなことにでも役に立つスキルなんです。

ちょっと悲しい話ですが、「絵が好きな子」っていうのは、たまたま絵を描いているだけで、

それを仕事にしたいとまで思うほど好きな子はほんのひと握りになると思います。

僕はデザインの専門学校にはいったとき、周りは絵が好きな人ばかりでとても楽しかったのですが、

今でも絵を描いている人は下手したら僕だけです。

でもそれは悪いことじゃなくて、絵よりももっと自分の好きなことが出てきて

そこまでして絵を描こうと思わなくなった、それだけのことで

なにも悪いことじゃありません。

大人でもそんな感じなのに、小学生、中学生の未来なんて誰もわかりません。

小さい子に親が出来ることといえば「絵を好きのままでいさせてあげること」くらいです。

あとは可能であれば、SNSの発信を手伝ってあげること。

SNSの発信力さえ身につけば、絵を描かなくなっても、今度は違う興味を持ったことを

発信すればいいだけのこと、

これからの時代を生き抜く最強のスキルです。

 

3、学校は行かなくていい

あと相談であったのが、「進路について」です。

僕は勉強が大嫌いで、頭の悪い高校をとりあえず卒業して、

ただ絵が描きたくて「デザインの専門学校」に行きました。

いつも一人で絵を描いていましたが、絵を描く仲間が沢山いて、

めちゃめちゃ楽しかったのを覚えています。

色々な刺激をもらえてとてもよかったのですが、

結局のところ、家でいっぱい描いてるやつが絵がうまくて、

描いてない人は上手くないんです。

学校でちょっと習ったら絵上手くなるようなものじゃないです。

なので、「学校に行く必要はない」と思ってます。

ここで学びたい!という明確な理由が無い限り、

絵の学校に行くのはお金と時間の無駄になる可能性大です。

さらに言うと、学歴だけの為に学ぶのは完全な無駄だと思います。

いい大学に行って大企業に入れば一生安泰だと思いますか?

終身雇用の時代は終わりました。

つまり、年齢や学齢は関係なくて、その人が「何ができるのか」

ということが大切なんです。

自分が好きなスキルを磨いた方がよく無いでしょうか。

会社に依存しなくても生きていける力を身につけるのが、

一番の安定だと思います。

なので、進路は世間体や学歴ではなくて、

何の技術を学びたいのか、で考えましょう!

 

 

 

 

4、勉強しといた方がいいことまとめ

基本的に子供の将来に親が口出しすることではないと思っているのですが、

万が一、将来絵を描いて食べていきたい!と明確な目標を持ったとき、必要なスキルをまとめてみます!

1、SNSの発信

さっきも言いましたが、これは必須です。

 

2、デッサン力

結局デッサン力は絵の基礎なので大切、目で見たものをそのまま描ける技術は大切です。

僕はこれだけは得意でした。教科書の偉人や先生を写実的に描いてました。

ただデッサンできなくても、売れる絵を描ける人は山ほどいるので、

これに囚われすぎない方がいいですが、あればあるだけ得すると思います。

僕は専門学校で学びましたが、学ばなくても結構描けてました。

デッサン教室に通わせてあげるのはアリだと思います。

 

3、キーボードのタイピング

SNSの発信にもつながるのですが、パソコンは使いこなせるのは当たり前の時代です。

子供ならパソコンいじってれば覚えると思いますが、

タイピングは適当にやっていて覚えられるスキルじゃないです😭

親がまず正しいタイピングを覚えて、子供に教えてあげる、

もしくはタイピング練習ソフトを使って自分で覚えてもらう、

僕は専門学校で、ワープロ検定というものを受けることで、タイピングを学びました。

家では、「タイプオブデッド」というゾンビを倒すタイピングソフトで、

ひたすらゾンビを倒してました。

タイピングができることで、ブログやSNSなどでの発信力が格段にアップしました。

これだけは基礎として覚えて欲しいことです。

 

4、デジタルでのお絵描き

パソコンで絵が描けるのは、イラストレーターとして必須の条件なので、

パソコンで絵を描けるようにしてあげましょう!

今僕はアイパッドだけで絵を描いてます。

もし子供がとてもモチベーション高く絵を描いていて、デジタル画材が欲しいと言っていたら

投資だと思って買ってあげてください!

デジタル画材に関しても、別の動画でまとめてますので、気になる方は探してください。

 

5、税金とかお金の知識

社会人になって働き出したら、急に税金でめっちゃお金もってかれます。

何も考えていなかったぼくは「社会人つらすぎ」とびっくりしたのを覚えてます。

少ない給料なのに税金多すぎない?

なんで誰も教えてくれなかったの?

国は税金を集めやすいように、学校でお金の知識は教えてないのでしょう。

それは置いといて、

せめてお父さんお母さん、教えといてくれよ!!って思ってました(笑)

小さい頃からお金の話は教えてあげてください。

お金は大切です(しみじみ)

 

 

まとめ

基本的に親が子供にできることは、好きなことをもっと好きになるように見守ってあげることくらいだと思います。

そしてもしできることならインターネットの発信の仕方を教えてあげる。

そのほかは、「こんな仕事がしたい!」となったときは、

・SNSの発信

・デッサン力

・キーボード タイピング

・デジタルで絵を描く

このあたりを教えてあげられれば、イラストレーターとして食べていけるようになります。

絵は一つの選択肢でしかないので、

 

とにかく、この「好き」という才能を伸ばしてあげてください!

以上です!

最後まで見ていただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA