似顔絵イラストの描き方動画配信中!

絵描きのヘコまないメンタルの作り方5つ!

どうも!似顔絵イラストレーターの群馬くんです!

今回は「絵描きのヘコまないメンタルの作り方5つ!」ということで解説していきます。

絵を描いていると、ヘコむことばかり!(笑)

例えば

・周りの絵描きが上手い人ばかりで悔しい・・とか

・あの人はあんな大きい仕事をしているのに自分は・・とか

・自分はなんて絵が下手くそなんだろう・・とか

などなど、こんな悩みが多い方へ、役に立つ考え方を5つ解説していきます。

 

僕も絵描きとして悩みながら夢を追って10年以上!

色々と悩みながら、自分の中にしっかりした価値観を持つようになって、

だいぶ改善しました。

結局は自分は自分で、自分にできることをコツコツ頑張るしかありません。

そう思える考え方をまとめてみました!

ぜひ最後までご覧ください!

 

絵描きのヘコまないメンタルの作り方5つ!

No.1■自分の本当になりたい姿を「信念」にする

ブレないためには、自分の軸になる「人生の考え方」が必要です。

自分の軸がないと、ブラブラとして、「あの人が羨ましい!」「この人が羨ましい!」

というように、人に流されてばかりで結局何も出来ない、そんな人生になってしまいます!

僕も大半そんな感じで生きてきた気がします(笑)

なので、自分の軸となる「信念」を持ちましょう。

自分がなりたい、絵描きの最終着地点はなにか

この答えをしっかり持つことが「信念」だと思います。

これは人それぞれあると思いますが、

例として、僕の独断と偏見の価値観、信念で解説します!

最高の絵描きとはなにか

僕にとって最高の絵描きとは、一言でわかりやすく言うと
「自分の作品を売る人」です。

他人の作品ではなく、自分の作品に価値を生み出して、

世の中の人に役に立つ、楽しんでもらえる、そんなアーティスこそ

僕の考える最高の絵描きです。

これのどこが大切な価値観なのか、さらに解説していきます。

 

No.2■イラストレーターはすごくない

いきなりめちゃめちゃ知り合いを敵に回してしまう爆弾発言です(笑)

悪い意味ではないので怒らないでください。

もちろん素晴らしい職業なのですが、はたしてその仕事をしている人は

本当に「すごい人」でしょうか?

僕はテレビ番組のイラストをたくさん描かせていただいてて、フジテレビや

テレビ朝日など、ほんとに多くのテレビ局の制作会社様と

お仕事させていただいてます。

アイドルグループのキャラクターデザインで、あの大手のエイベックスさんとお仕事もさせていただきました!

急に自慢話はじめました(笑)

こんな僕は「すごい人」ですか?

答えは完全なる「ノー!」です!

僕がすごいのではなく、すごい「会社、企業」のお手伝いをさせていただいただけ、

自分自身はなにもすごくありません。

これが分かっているだけで、他人を羨ましいと思う頻度がグッと減ります!

僕の考える絵描きの価値観は「自分の作品を売る人が、最高の絵描きである

という定義を持っていると、

自分の周りが大きな仕事をしたよ!みたいな情報には惑わされなくなります。

もちろん儲かってて羨ましいな〜という感情は沸きますが、

それはただ「他人(企業)の作品を手伝った結果」でしかなく、

僕の絵描きとしての価値観では、そんなにすごいことではないからです。

※僕もSNSやブログなんかで、「こんな大きなお仕事させていただきました!」

と良く発信しています。

ですが、これは「俺すごい!」っていう発信じゃなくて、

「こんな仕事の実績があります!なのでもっとお仕事ください!」

という営業発信なので、僕がすごいなんてこれっぽっちも思っていません。

世の中のこう言った発信は、「営業活動」であるということを

理解していると、他人の成果に惑わされることが少なくなると思います。

 

No.3■羨ましいその人は創造者か、作業者か

羨ましい!悔しい!周りの絵描きを見てそう感じるとき、

ちょっと冷静になって考えてみてください。

その人は「創造しているひと?」「作業している人」

「創造している人」は自分の作品を作っている人

「作業している人」とは、他人の作品を作っている人

と分けることができます。

その人がどんなにすごい企業の仕事をしていたとしても、

それは他人の作品を作っている「作業者」でしかなく、羨ましむ必要はありません。

逆にその人が自分の作品を生み出す「創造している人」ならば、尊敬して敬意をこめて「素晴らしい!」と伝えて、自分も真似して学べきです。

つまりこの価値観がしっかりしていれば、妬むこともなくなるんです!

 

No.4■ 結局自分は自分、他人は他人

さらに考えていくと、正直なところ、どんなに羨ましがったって、

その人になれません。

生まれも育ちも環境もDNAも、全てが違う他人と自分を比べて

劣っている自分を見てヘコむ・・

これになんの意味があるのでしょうか・・

羨ましい!悔しい!という力を使って自分を磨けるなら、それも良いと思いますが

僕はちょっと辛いのでそういうのはできるだけやりたくないです。

悩むだけになるのが一番ダメで、なんの解決にもならずマイナスなだけです。

無駄な悩みにエネルギーを使うのはもったいないです、

自分の信念をしっかりと持って、目指すべき場所に向かって、

自分なりにコツコツ前に進みましょう!

No.5■悩んでる時間があったら行動する

SNSなんかを見てしまって人の行動ばかりが気になってしまって

気づいたらヘコんでいる!

僕もよくあります(笑)

そんな時は一度冷静になって、「俺暇なのかな?」と、

自分に問いかけてください。

芸能スキャンダルとか好きな人居ますよね?!

ああいう人と一緒です。

自分の人生に向き合わないで、自分の人生と1ミリも関係のない、

他人のことをあーだこーだ言う人。

そんな暇な人と同じ行動をしてしまっているんだな・・と

冷静になって自分を見てみると、なんてアホらしいんだ!

と気付けると思います。

「俺暇なのかな?」と自分に問いかけて

「こんなことをしてる場合やない!俺には目指すべきところがあるんや!」

と奮い立たせて行動しましょう!

行動する人が成功する人です!

 

 

 

 

まとめ

1、自分の本当になりたい姿を「信念」にしよう

自分が本当に望む目指すべき姿を明確にすると、それが「信念」になります。

「信念」という「軸」があると、

他人に流されないので、精神がブレなくなります。

 

 

2、イラストレーターはすごくない

イラストレーターがすごいんじゃなくて、

仕事をくれる企業、人、がすごい。

なので羨ましがる必要なし!

お金を稼いでる人は羨ましいけど(笑)

でもそれは絵描きとしての羨ましさではありません。

稼いでるビジネスマンを見て「すごいな〜」と思う

そんな感覚のすごさなので、「本当に目指すべき所」を持っていれば

惑わされません。

 

 

3、羨ましいその人は創造者か、作業者か

羨ましいな〜悔しいな〜と思った時に、

一歩引いて考えてください。

その人は創造者ですか?作業者ですか?

作業者であれば 「頑張っとるね〜」

創造者であれば「学ばせていただこう!」

ということで謎にヘコむ必要なし!

 

 

4、結局自分は自分、他人は他人

他人と比べることにあまり意味はありません。

自分がどんな人生を進みたいのか、結局は自分にしか答えはありません。

もちろん自分に本当に必要なものなら、他人のいいところを吸収するのは大切ですが、

そうでないなら、他人を見てヘコんでる時間は無駄でしかありません。

自分のできることに目を向けて、コツコツがんばりましょう!

 

5、悩んでる時間があったら行動する

なんで悩むかというと、「行動していないから」です。

自分が悩んでたら「俺暇なのかな?」と自分に問いかけて

暇して人生を無駄にしてたまるか!と

自分を奮い立たせて行動しましょう!

 

 

 

ということで、「絵描きのヘコまないメンタルの作り方5つ!」

というテーマでお話させていただきました!

 

偉そうに話をさせていただきましたが、僕もまだまだバリバリの作業者です、

クライアントから求められる絵を頑張って描いて喜んでもらってお金を貰う!

これも大切な絵描きとしての生き方ではありますが、

やっぱり絵描きとして、アーティストとして自分の作品を売る創造者でありたい、

そうなれるように日々頑張ってます。

その過程でこの5つの考え方が大切だと僕は思っています。

この考え方は僕にとっての正解なだけであり、

人の数だけ目指す場所が違えば最高の絵描き像も違うでしょう。

大切なのは、「自分はどうしたいのか」これと向き合うことです。

その参考例として、僕の経験がみなさんの役に立ちましたら幸いです!

絵を描いているとヘコむことも多々あると思いますが、

お互い周りに流されないで、

自分の信念を大切に、

楽しく絵を描いて

楽しい人生にしていきましょう!

最後までみていただきありがとうございました!!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA