似顔絵イラストの描き方動画配信中!

早く描くコツ!スズさん第8週目似顔絵添削!「素人が3ヶ月でプロ似顔絵師!」

早く似顔絵を描くコツを解説!

 

どうも!似顔絵イラストレーターの群馬くんです。

「素人が3ヶ月でプロ似顔絵師チャレンジ!」企画!

チャレンジャー「スズさん」の

第8週目の似顔絵添削をしていきます!

素人が3ヶ月でプロ似顔絵師チャレンジ!

 

簡単に企画概要!

似顔絵素人のスズさんが、3ヶ月似顔絵を練習してプロを目指す企画になってます!
1日1名の練習、週一で僕が添削していきます。

・1ヶ月目は 鉛筆で下書きのみ

・2ヶ月目は 筆ペンでペン入れまで

・3ヶ月目は 水彩カラー 仕上げまで

さらに詳しい概要と、チャレンジするスズさんの詳細が知りたい方は

是非、第1回の動画を見てみてください!⬇️

 

是非皆さんもスズさんと一緒に似顔絵練習していきましょう!

 

似顔絵を早く描くには!

スズさんから質問で、

「現状1名描くのに2時間ほどかかってしまっています。

早く描くにはどうしたらいいでしょうか」

とのことでした😅

流石に2時間はかかりすぎなんですが😅

でもクオリティーはかなり上がっているので、雑な絵より綺麗でいいなと思います。

どうしたら早く描けるようになるのか、僕の経験でアドバイスさせていただきます!

早く描くコツNo.1、時間制限内に描く練習をする

お客さんを前にして似顔絵を描く、席描きが出来るようになるには、

・白黒似顔絵 1名様 8分
・カラー似顔絵 1名様 15分

この速さで描けるようになるのが、プロとして一般的な基準です。

この時間を基準に細分化すると

・下書き 3分
・ペン入れ 4分
・下書きを消す 1分
・色塗り 6分
・仕上げ 1分

合計 15分

こんな感じになります。

これは僕の場合なので、人によって多少時間は変わると思いますが、

大体みんなこんな感じになると思います。

この速さを基準に、

1・自分がどれに何分かかっているのか把握する

2・下手でも目標の時間内に描いてみる

3・無駄な手順があれば見直す

この手順で繰り返し練習しましょう!

僕もストップウォッチを使っていつも練習していました😭

時間内で描けるように練習しましょう!

 

 

早く描くコツNo.2、下書きの時間を減らす

似顔絵は「勢い!」です(笑)

描いたことある人ならわかると思いますが、

15分で描くって、想像以上に猛烈な速さです。

のんびり描いていたら不可能です。

似顔絵はそういうものだという「割り切り」が必要になります。

クオリティーが低くても構いません、

時間内に仕上げることを第一優先に練習してみましょう。

やってみればわかるのですが、

一番削るべき時間は「下書き」です。

なんせ、どんなに時間をかけても、どうせ消してしまうので、

ここに時間をかけるべきではありません。

下書きはざっくりにして、どうせ時間を掛けるなら、ペン入れに時間をかけましょう!

 

 

早く描くコツNo.3、描きまくる・・

じゃあ僕はどうやって早く描けるようになったかと言うと、

1・時間制限内に描けるように練習しまくった
3ヶ月みっちり、1日3名以上は描いていたと思います

2・デビューして現場で描きまくった
デビューして毎週土日祝日 めちゃめちゃ描きまくりました

僕が早く描ける理由は主にこの2点です。

技術とかそんなもんじゃなくて、結局「ど根性」ですね😭

もちろん最初は遅いしクオリティーも低かったんですが、

もう描かざるおえない状況に身を置くことで、

「早くならざるおえなかった」

そんな感じです😭

 

・仕事を完全に辞めて、似顔絵師にならないと未来がない状況

・お金もなくて早くデビューしないとやばい状況

・席描きで、お客さんが目の前で待っているプレッシャー

・行列で待ちまくって不機嫌なお客さんの列・・

・ひたすらマシーンのように描きまくる毎日(笑)

 

似顔絵を描けて、人に喜んでもらえる喜びは衝撃的な経験でしたが、

それ以上に、色々なプレッシャーで、精神的、体力的に厳しかったです。

だからこそ早く描けるようになったのかな・・と

 

結局根性かよ!と思うかもしれませんが、

結局そうなんすよ・・

小手先のそれっぽいことはいくらでも言えるんですが、

結局練習するしかないんです。

時間制限を設けて、練習しまくる!

それが極意です😭

 

 

スズさんは結局どうするべきか

僕の状況とスズさんの状況が全然違うので、

じゃあスズさんは、実際にどうするべきなのか、

僕が言うように「時間制限を設けて、練習しまくる」

これは、僕が似顔絵会社の研修に入り、半ば強制的にやらざるおえなかったからこそ、

練習できたんです。

でもスズさんは状況が違って、一人な状況です。

これを、自分の意思だけでやり切れ!と言ったところで、

ほぼ不可能だと思います。

言葉だけで言うなら簡単です

「毎日10人、白黒で一人8分以内に描けるように練習してください!」

「これを3ヶ月もやれば、早く描けるようになりますよ!」

これは事実だし、やれば必ず描けるようになります。

でも現実的には不可能です。

僕だって、自分一人で練習してデビューするとなったら

無理だったでしょう。

 

じゃあスズさんはどうしたらいいのか!!

僕が考えた結論

 

 

とりあえずは早くならなくていい・・・(笑)

 

現実的に考えると、スズさんがデビューして、いきなり現場に出るのは無理です。

まず最初にやるのはインターネットを使った「似顔絵の通信販売」です。

通信販売であれば、早く描ける技術は必要ありません。

じっくりとクオリティーの高い作品を描けば良いのです。

それが出来るようになってから、

仕事の幅を広げて席描きもしたい!

となってから練習すればOK

 

必要なことから学んでいくということです。

とりあえず、早く描くことは放棄して、

クオリティーの高い似顔絵が描けるように頑張りましょう!(^ ^)

ただ、本当はカラー15分で描けるのが理想である

ということは覚えておいてください。

 

 

 

似顔絵添削8週目!

ということで、今週のスズさんの練習してもらった似顔絵を添削していきます!

今回で最後の白黒似顔絵!

次回からカラー似顔絵に入ります。

どこまで白黒が上達したのか、添削していきます!

女の子の似顔絵添削!

・目の高さを左右合わせよう!
・口もう少し大きく
・目とほっぺの間のシワの位置が違う
・髪の毛の襟足も忘れずに!
・髪型を正確に捉えよう!

 

 

男性の似顔絵添削!

・顔のパーツが大きすぎるので、パーツを小さく

 

 

 

女性の似顔絵添削!

・まつげをしっかりと!
・髪の毛のボリュームは、したに行くほど広がる
・前髪の位置が違う(目にかかってない)
・歯茎の線を描くと気持ち悪くなる
・ネックレスも描こう!

 

 

 

男の子の似顔絵添削!

・上を向いた鼻にしよう!
・目が離れすぎ
・顔が横長すぎ
・長いもみあげも特徴!ちゃんと描いてあげよう

 

年配夫婦の似顔絵添削!

旦那さん
・髪の毛の量が多すぎるので、もう少し少なく
・顔のパーツ(目、鼻、口)が大きすぎるので小さく
(そうすることで、特徴の大きい顎のスペースが出来る)

奥さん
・髪の毛の生え際が違う
・ネックレスも描いてあげよう!

 

 

男性の似顔絵添削!

・顔のパーツを小さく
・面長なので、輪郭をもっと細く
・頭が小さいので、もう少し大きく
(顔のパーツが大きすぎて、頭が小さく見える)

 

まとめ

時間がかかっているだけあってクオリティーはかなり上がってきました!

来週から水彩で色つけに入るので、

今回は本番用の色紙を使って描いてもらいました。

文字も背景も入って、かなりいい感じです!

改善点としては、

・顔のパーツ(目、鼻、口)が大きくなりがち

・↑それに伴って頭が小さく見える

このあたりも何度も言ってますが、なかなか改善が難しいみたいです。

まあ・・何度も言いますので、その都度改善してもらえたらと思います!

 

以上です!

残りあと1ヶ月!

スズさんの応援をよろしくお願いいたします!

また来週もお楽しみに!

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA