youtubeはこちら!

似顔絵添削!「売れる似顔絵を描くには」

どうも!

似顔絵イラストレーターの群馬くんです。

趣味で似顔絵を描いている「まーかす」さんから

似顔絵添削のご依頼がありましたので、

似顔絵添削をしていきます!

 

似顔絵添削!「売れる似顔絵を描くには」

 

今回は全くの素人である「まーかす」さんから、

「売れる絵にするにはどうすればいいのか」

という似顔絵初心者の方なら誰でも知りたいところを

学べると思いますので、ぜひ最後まで見てください!

動画バージョンはこちら!⬇️

 

ざっくり「まーかす」さんのご紹介

お問い合わせいただいただけで、僕は全くの面識はなく

特に個人情報はお聞きしていませんので、

超ざっくりご紹介です。

 

🟥男性(自称おっさん)

🟥絵が好きな素人さん

🟥趣味でSNSにて似顔絵を発信

🟥ゆくゆくは似顔絵を副業にしたい

⬇️まーかすさん インスタグラム
ぜひフォローお願いします!(笑)

絵を見せていただく限り、

デッサンが好きで良く描いていて、とても上手です。

ですがシンプルに似せる似顔絵は苦手なようです。
(素人さんなので当たり前ですが)

あとほぼ白黒の絵なので、多分色塗りも苦手なのでは

と思います。(群馬くんの勝手な考察)😅

 

この段階から、売れる似顔絵を描くにはどうしたら良いか?

アドバイスさせていただきたいと思います。

 

「売れる似顔絵」の条件2つ

まーかすさんはゆくゆく「絵を副業にしたい」という思いがあるようですので、

「売れる絵」というものをしっかりアドバイスしたいと思います。

 

当たり前ですが、お金がもらえる絵、というのは、

お客さんが「喜んでくれる」からお金がもらえる訳です。

では「喜んでもらえる絵」とはどんな絵かというと

 

1⭐️可愛いくて似てる絵

いくら似ていたとしても、気持ち悪い絵だった場合、

お客さんは嬉しくありません😅

似ているのは前提として、「可愛い絵」を描けることが

必須条件です。

可愛い絵というのは、シンプルなデフォルメの

キャラクター的なイメージです。

 

2⭐️部屋が明るくなる華やかな色

どんなに似ていて、可愛い絵柄であっても、

お部屋に飾るには、「部屋を明るくしてくれる 綺麗な色」

が重要になります。

お客さんが喜んで「絵を部屋に飾ってもらう」ところまで考えて、

似顔絵を描くことが出来れば、

自ずとどんな絵がいいのかわかってきます。

なので、デッサンのような白黒だけでなく、

水彩やデジタルで、カラフルな絵が大前提となります。

 

 

ざっくり売れる似顔絵の条件はこの二つ

1・似てる(大前提) 可愛い絵

2・色が綺麗な絵

 

似顔絵で食べていきたいのであれば、この2点を意識して

練習を頑張っていきましょう!

 

 

まずは画材を揃えよう!

売れる絵は、カラーの似顔絵が大前提です。

ということは、必然的に色塗りを前提とした画材が必要になってきます。

アナログ、デジタル、どの方向性で行くのか人それぞれです。

 

おすすめアナログ画材紹介動画⬇️

作家によって使う画材は違いますのが、

あくまで僕がおすすめする画材は

ペン入れは「筆ペン」

色塗りは「水彩絵の具」です。

※詳しくは動画をチェックくださいm(_ _)m

 

おすすめデジタル画材紹介動画はこちら⬇️

デジタルにも色々ありますが、

僕がおすすめする

デジタル機材は「iPad Pro13インチ」

お絵描きソフトは「クリップスタジオ」

になります。

※詳しくは動画をチェックくださいm(_ _)m

 

趣味で描くのであればなんだって良いのですが、

「仕事にしたい」と本気で思っているのであれば、

まずは画材を準備しないと始まりません。

画材を揃えるのは プロになる第一歩目です。

 

 

似顔絵添削!

ということで添削を始めていきます!

まーかすさんは多分鉛筆画しか描いてこなかったようなのですが、

プロ目線から言うと、鉛筆画は「下書き」でしかないという感覚です。

売れる似顔絵は、ペン入れをして色を塗って完成です。

なので、今回は「線で描く(ペン入れ)」まで挑戦してもらいました。

色塗りはまたハードルが高いので、またの機会に🙇

 

似顔絵添削!「ハリセンボン」はるなさん

・顔のパーツが大きくなって、逆に顔が小さく見える
・特徴の丸い鼻をしっかりと
・頭が凹んで見える、頭蓋骨を意識して、髪の毛を描く
肩をもっと丸く描いて、ふくよかな感じを表現

 

 

似顔絵添削!「ハリセンボン」はるかさん

・特徴の「困り眉」をしっかりと
(写真は色々な角度の写真を見比べて特徴を捉える)
・特徴の「吊り目」をしっかりと
首を細くして、特徴の「ほっそり感」を表現
左右の歪みを気をつけましょう

 

 

似顔絵添削!男の子

・特徴の「垂れ目」をしっかりと
前髪が「パッツン」に見える、もっと「自然な感じ」に
無駄なシワを無くして若さを表現
輪郭がデコボコしてゴツく見える、ツルッと子供らしく
耳のシワはシンプル

 

似顔絵添削!メガネの男性


メガネが歪んでいるので、ちゃんと形をととのえましょう!
頭の形がおかしい、おでこ、頭蓋骨、髪の毛、の順に、しっかり形を捉えましょう

 

 

似顔絵添削!女の子


・鼻の描き方が変なので、もっと丸っこく描きましょう
・顎が大きすぎて大人っぽくなってます、
顎を小さくすると子供らしさが出ます。
・首が太くて大きいので、大人っぽく見えます、
首をなくして、体に埋まる感じにすると子供らしさが出ます。

 

 

 

おすすめの似顔絵練習方法

まーかすさんの絵のレベルを踏まえて、おすすめの練習方を考えてみました!

 

⭐️白黒 1人5分 10人描く

まーかすさんはシンプルなデフォルメが不得意な印象です。

とはいえ初心者の方はみんなそうですが、デッサンが好きなまーかすさんは特に

シンプルな絵が苦手なのだと思います。

なので、デフォルメを鍛えるための練習方法として、

「白黒で 1人5分 10人描く」

というのを提案します。

時間制限を設けることで、「ざっくり形をとる」=デフォルメ

が鍛えられます。

あと、無駄な線を描く暇がないので、

「シンプルな線」で表現出来るようになります

クオリティーは二の次

とにかく時間制限内に描けるだけ描いてみてください!

ちなみに例えで10人としましたが、

実際は無理せず自分の出来る範囲でやってみてください。

「早くたくさん描く」といいよ!ということです。

 

⭐️カラーまで完成した似顔絵を描いてみる

売れる似顔絵は「色を塗って完成」になります。

ペン入れというのは、「色を塗る過程」でしかないので、

一度水彩、もしくはデジタルで、絵を完成させてみてください。

そうすると「色塗りで表現出来るから、ペン入れのこの線はいらない」

というように、無駄な線に気づけることがあります。

色塗りはハードルが高いのですが、一度画材を揃えて挑戦してみることをおすすめします。

 

 

まとめ

今回の内容をざっくりまとめます!

1、売れる似顔絵を描くためには!
・似てて可愛い似顔絵を描く
・色が鮮やかな似顔絵を描く

 

2、まずは画材を揃えましょう!
・おすすめの画材をチェックして揃えてくださいm(_ _)m

 

3、似顔絵添削
・線が多くて、絵が可愛くないので、
もっとシンプルに、可愛い絵を目指しましょう

 

4、おすすめ練習方法
・白黒で1人5分、10人描く
・カラーまで一度完成させてみる

ペン入れが初めてにしては、かなり良く描けていたと思いますが、

やっぱりデッサンの癖が抜けずに、無駄な線が多い印象です。

とはいえ、僕も全く同じでした。

デッサンは自信ありましたが、

「デフォルメってなんすか?」

「どうしたら可愛く描けるんすか?」

という状況でした。

 

でも「デッサンが出来る」というのは、「形を捉えることが出来る」

わけですから、やはりデッサンが苦手な人よりも上達は早いと思います。

ぜひおすすめの練習方法を取り入れて、プロになれるように

これから頑張ってください!

 

以上です!

最後まで見ていただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA